映画「告発の行方」あらすじ

ジョディーフォスターの体当たりの演技がものすごくリアルでかわいそうで女性の強さをかんじる素晴らしい作品です。暴行被害に遭った女性が事件の傍観してぴるひとも訴えます。マスコミの悪いところも浮き彫りになっています。酒を飲んでいて少し酔っぱらいすぎていた女性。公衆電話で酒場でレイプが起きていると通報した男性。そして女性が酒場から出てきて通りがかりのひとに助けをもとめてサラはマリファナを吸っていた。男性からレイプをされたと。検事のキャサリンは捜査をするが男性は合意のうえだと言って嘘をつく。証拠がないので司法の取引をするがサラは落ち込み死んでしまおうのはこれではサラがだめになると一大決心し暴行罪で男たちを本気で訴えて告発してサラを助けようとする。キャサリンもレイプの経験がある。このことからもサラを絶対に助けるこの裁判だけは本当の真実を明らかにしないとこれからの女性の立場が絶対に悪くなると未来のことも考えた結果の勝訴ではないかと思います。大胆な服装をしていたのを覚えていますが、髪を長いのからすごく短く切って男の子っぽくして、自分の女性の部分を隠すようにしています。サラはその日恋人が浮気をしてむしゃくしゃして酒場で飲んでこんなことになってしまったと。ボブを当てつけにつかえないかと友達に話していた。それを何故いわないのかとキャサリンは怒る。不利になる証言だからだ。女の負けられない真剣勝負の検事のキャサリンの闘いでもあった。

映画「告発の行方」感想

この映画を見た時衝撃を隠せませんでした。こんなかわいそうなことが起こるのかと。合意なら問題ないことともいえないですし、自分は女性でこんなめにあったらここから生きていけない気もします。自殺しようと考えても不自然ではない気がします。でも戦うと決めたら女はとても強いので勝つまで頑張ると思います。なのでこの映画はサラも一生懸命ですがキャサリンも自分の為にもサラの為にもという気持ちが伝わってきます。弱い立場の女性が男性にされた誇りを傷つけられることがこんなに大きいものかと思いました挑発をするのももちろんいけませんが、男性は女性を大事に扱って欲しいです。今は草食男子と呼ばれる時代ですが、こんな怖い目にあったら人生が狂ってしまいます。自分の人生を大事に生きて行きたいです。起きてしまったものは元にもどせない。ならすこしでも誇りを自分の大事なものを取り戻せるように戦うこれが大事かと思います。この作品は中学校くらいでみて本当に衝撃でした。