映画「プラダを着た悪魔」あらすじ

大学を卒業したジャーナリスト志望のアンドレア(アン・ハサウェイ)は就職活動の結果、ファッション雑誌(RUNWAY)の編集アシスタントに合格した。
しかし、その上司は誰よりも厳しく、数々の社員を辞めさせたカリスマ編集長のミランダ(メリル・ストリープ)であった。
憧れていた仕事とは正反対で、編集の仕事だけでなく数々の雑用の為にミランダにこき使われ、アンドレアの服装もあまりにださいので馬鹿にされたが、この仕事を続ける為にアンドレアは変わった。
ブランド物でまとめたオシャレなファッションになり、仕事もテキパキこなす。ミランダもそんなアンドレアを有能なアシスタントとして認めていく。
しかしそんなアンドレアに対し、恋人や友人達は離れていく。パリ行きが決まっていた先輩社員も追い越して冷たくされ、ついには恋人とも分かれてしまい、落ちこんでやけになったアンディ。取引先の男性と一晩過ごすようになる。しかし、ミランダの編集長の座がなくなるかもしれないと知った時に目が覚めた。
ミランダの為に全力を尽くしたが、このままの自分で本当にいいのか?もう一度考え直したアンディ。
ミランダは自分とアンドレアは似ているというが、アンドレアは違うと。ついにミランダの会社を辞める事を決意した。
他社の出版社を受け、ミランダのアンドレアに対する評価を聞いた採用担当者はアンドレアを採用した。
ミランダとアンドレアは外で会い、お互いに笑顔で見つめ合った。

映画「プラダを着た悪魔」感想

憧れのファッション誌編集者の仕事を手に入れたアンディ。しかし現実は厳しい。自分自身も似たような仕事をしているのでアンディと重なるが、憧れだけではやっていけない。これは性別問わず、社会人全員に言えることである。アンディは最初は嫌がっていたが、次第に会社になじむように変わっていった。そうでなければ出世はできない。
アンディとミランダの2人が主役というくらい強烈な内容で、脇役は霞んでしまったくらいのストーリーである。
アンディは最初はださい服装だったのに、仕事の為に服装や髪型を変える所は仕事に対しての強い意志を感じるし、有名大学を出ているだけあって、知識もあるとわかる。
ミランダは厳しいかもしれないが反面、家庭が上手くいかなくて悩んだりすることもある普通の女性でもある。しかし編集長という立場の為に強くなければいけない。
この魅力的な2人の女性は、多くの女性の憧れでもあるかもしれない。そう感じさせる映画であった。